包茎を改善するときに知っておいてほしい3つのこと

改善しなくても良いこと

日本人の約7割ほどが何らかの包茎であると言われています。特に勃起時に包皮が剥ける仮性包茎である場合は、生活に支障をきたすレベルではありませんので、改善をしなくても良いです。しかし包茎であることにコンプレックスを抱いてしまい生活をするのが苦しい、もしくはカントンや真性包茎で健康被害を受けるような場合は、改善をした方が良いでしょう。特別、包茎であることで苦しんでいない場合は、改善する必要がないことケースが多いです。

クリニック選びがとても重要

保険診療外の治療になることで医療費が自己負担になります。包茎治療を受ける人にとって大きな問題になるでしょう。だからこそクリニック選びが大切になります。ひとりでも多くコンプレックスを解消するために、クリニックそれぞれで負担を軽くするキャンペーンを行っています。地方在住者がクリニックに来れるように遠征費を負担したり、数日前に予約を入れることで治療を割引できるキャンペーンなどあります。それを利用することで受けやすくなるでしょう。

失敗があることを知るように

包茎手術は失敗もあることを知っておくべきです。特にツートンカラーは大きな問題になります。余っている包皮を切除して縫い合わせますので、その境目ができてしまい、ツートンカラーが発生することも。そうなると他の人に包茎手術をしたことがばれてしまい、新しいコンプレックスが発生することも考えられます。包茎であった過去を隠したがる手術経験者も多く、失敗だけは避けなければなりません。信頼できるクリニックを選んで、極力失敗を避けるようにしましょう。

包茎手術専門のクリニックで治療をすれば、仕上がりが非常にきれいで後悔をすることがありません。傷跡が目立たず、安心です。